海外に行くならレンタルwifi

メンズ

高額請求の対策に

海外では何か通信トラブルが発生してしまうケースも多いです。こういった理由から、中部国際空港ではMVNOを利用する旅行客が増えています。なぜ、海外に行くときにMVNOでwifiレンタルするべきなのか、知っておきましょう。まず第一の理由として、通信料金が安いからでしょう。特に複数人で旅行に行く時は、wifiルーターは必須です。レンタルwifiが一台あるだけで、複数人でデータをシェアすることもできますし、パケット定額が保証されるので高額請求の心配もありません。

通信速度が安定している

wifiレンタルが海外でおすすめできる理由は通信速度にも関係しています。海外では通信速度が不安定で、携帯を使用する際に不快な気持ちになってしまうことが多いです。また、一般的な国際データローミングだと、国によってはネット回線が使えない可能もあります。しかし、wifiルーターをレンタルしていると、そんなこともありませんし、通信速度も安定して速いので、海外でも快適に過ごすことが可能です。

セキュリティ面も安心

海外旅行に行くと特に気を付けないといけないのが、セキュリティ面です。ホテルやお店では無料のwifiが使用できて、一般的にはとても便利です。しかし、ホテルやお店のwifiは無料で使える反面、セキュリティーは全くと言っていいほどのものです。そのため、自身の携帯のデータを盗まれる可能もあります。そんな心配をしないでいいようにwifiルーターをレンタルしておくべきです。海外wifiであれば、パスワードを使用したネット通信なので、プライベート性やセキュリティ面も安心できます。

変換プラグが借りられる

海外では日本と電圧やコンセントタイプが異なるのはご存知でしょうか。日本で主流なのが、Aタイプと呼ばれるもので、海外ではその他にいくつかのコンセントタイプが存在します。例えば、O型のコンセントタイプやSE型のコンセントタイプなど、国によって違うので変換プラグや変圧器を用意するのは大変でしょう。しかし、海外wifiをレンタルすると変圧器や変換プラグを無料で借りることができるので、現地でも安心して充電することができます。

オプションも豊富

海外wifiをレンタルすることで嬉しいメリットはオプションプランが豊富にあることでしょう。紛失や盗難に備えたオプションやモバイル充電池などが特に人気のオプションです。海外旅行に行った大多数が盗難の被害に遭っています。ですから、盗難や紛失に備えて全額補償プランに加入しておくといいでしょう。プランに加入しておけば、レンタルセットが盗難された際にも、弁償代金を無料にすることができます。